実施体制と連携
組織・構成及び特徴
研究内容
お問い合わせ
リンク
 

概  要

次世代型農業技術システム・地域エコライフ創出と人材育成へ向けて

2006年10月1日設置
開学30周年記念事業
先端農業・バイオリサーチセンター(Research Center for Agrotechnology and Biotechnology)は,農業や関連分野へ向けて農工融合型の研究開発と実用化を行うことを目標として,本学の開学30周年記念事業の一環として2006年に設置された先端的研究組織である。センター専任の特任教員および既存の異なる学科・分野に所属する教員が横断的に連携・協力しながら研究活動を行っている。

 複合技術分野における要素技術と人的資源を活用し、継続可能な食料生産供給に貢献する次世代型先端農業技術の研究開発および関連する食農・バイオ・センサー・計測・制御・情報・環境などの分野の高度技術開発に取り組んでいる。また、地域農業の振興を目的に、IT食農産業の推進、地域の植物工場化、6次産業化に貢献できる人材の育成を行っている。具体的なミッションは以下のとおりである。
1)農業や関連する食農産業へ資する工学的・生物学的技術の研究開発と実用化。
2)地域エコライフや未来農業都市社会の構築を目指した技術科学的情報発信。
3)関連分野の人材養成教育。