組織・構成及び特徴
研究内容
お問い合わせ
リンク
 

 研究組織

 本センターは、センター専任の特任教員、既存の異なる工学系学科、分野の教員、から構成される研究組織である。本来の所属・分野にとらわれず、研究テーマに関連する学内教員を横断的に適正配置し、分野を超えた連携体制の下に学術研究と技術開発を推進している。研究組織は、平成19年度~平成27年度、要素技術部門(センサ、計測・情報、制御、バイオ)、農環境システム部門(農環境、未来環境、IT食農)、及び統括研究部門(しんきん食農技術科学講座)から構成されていた。
 平成28年度~現在の研究組織は、①センサ・センサシステムコア(集積回路技術をベースにしたスマートセンサ・ワンチップセンサによる生育管理・環境管理・生産性向上を目指して研究を実施。)②バイオコア(バイオテクノロジーによる土壌・病害管理、食品検査・管理技術の研究を実施。)、③農環境コア(農環境システム管理・環境保全に関する研究を実施。)④IT農業コア(IT技術と農生産の融合、植物工場、先端農業人材育成等を実施。)の4つのコアから構成されている。

●IT農業コアについて
 IT農業コアでは、IT技術と農業生産の融合、植物工場、6次産業化に関する活動研究を行うとともに、社会人を対象とする「最先端植物工場マネージャー育成プログラム」、「IT食農先導士養成プログラム(最先端土地利用型IT農業コース)」及び「東海地域の6次産業化推進人材育成」、市民講座を開講している。

研究コア 氏名 所属
センサ・センサシステムコア 澤田和明教授 電気・電子情報工学系
センサ・センサシステムコア 三浦純教授/副センター長 情報・知能工学系
センサ・センサシステムコア 青野雅樹教授 情報・知能工学系
センサ・センサシステムコア 滝川浩史教授 電気・電子情報工学系
センサ・センサシステムコア 板東隆宏助教
バイオコア/IT農業コア 浴俊彦教授/副センター長 応用化学・生命工学系
バイオコア 中鉢淳准教授 エレクトロニクス先端融合研究所
バイオコア 広瀬  侑准教授 応用化学・生命工学系
バイオコア 吉田祥子講師 応用化学・生命工学系
農環境コア/IT農業コア 井上隆信教授/副センター長 建築・都市システム学系
農環境コア 大門裕之教授 グローバル工学教育推進機構
農環境コア 横田久里子准教授 建築・都市システム学系
農環境コア 東海林孝幸講師 建築・都市システム学系
農環境コア NGUYEN MINH NGOC助教
農環境コア 熱田洋一客員准教授 応用化学・生命工学系
スマートアグリテックシティコア/IT農業コア 髙山弘太郎教授/センター長 機械工学系
スマートアグリテックシティコア 後藤仁志教授 情報・知能工学系
スマートアグリテックシティコア 野田俊彦准教授 エレクトロニクス先端融合研究所
スマートアグリテックシティコア 小野悠准教授 建築・都市システム学系
スマートアグリテックシティコア 戸田清太郎助教 機械工学系
IT農業コア 山内高弘特任准教授 先端農業・バイオリサーチセンター
IT農業コア 熊崎忠特任助教 先端農業・バイオリサーチセンター

2022.04現在