シラバス(1年目)
シアバス(2年目)
   

シラバス

科目名 課題解決技術科学研究
  [Problem-solving type practical research]
選択必修 必須
担当教員  
単位数
6
授業の目標 最先端施設園芸(植物工場)で栽培管理実習を行うと共に、受講者の生産現場における問題を解決するための課題を設定し1年間、豊橋技術科学大学のスタッフの指導の下に技術科学的研究を行う。

キーワード

最先端施設園芸、実務訓練、太陽光型植物工場、人工光型植物工場、技術科学、課題解決、課題研究
授業の内容

【180時間】 
①実務家教員や実務家による授業 
②双方向若しくは多方向に行われる討論 
③実地での体験活動 ④企業等と連携した授業

週1回1日4H×1月4週×11ヶ月(4~2月)+2H(中間発表)+2H(最終発表)=180H *①②③④の要件を常に複数満たしている形。
実務訓練:豊橋技術科学大学が有する太陽光型トマト植物工場と人工光型レタス植物工場等で、栽培管理や生育、収量調査法などを学ぶ。 課題研究:我が国では農学と農業生産現場が乖離しているので、受講生は生産現場における課題を発掘し、それについて、本大学教員らの指導の下で、生産現場のスタッフらと討議を重ね、現場に即した技術科学的研究を1年間実施する。
達成目標 

実務訓練:最先端の施設園芸(植物工場)の最新の栽培管理や生育、収量調査法を習得する。
課題研究:自己の設定した現場の課題を研究し、現場に即した科学的研究法を習得する。
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上