シラバス(1年目)
シアバス(2年目)
   

シラバス

科目名 農業マーケティング論
[Agricultural Marketing]
選択必修 必須
担当教員 日野眞明 [Hino Masaaki]、中野和久[Kazuhisa Nakano]
単位数
1
授業の目標 ビジネス創出のために、経営理念の立て方、マーケティングの基礎知識および戦略立案とIT活用の促進、ブランドマーケッティングの概要、ブランド化の仕方、ブランドの管理について、成功例を例示しながら教授する。

キーワード

ポジショニング、ターゲティング、マーケティング、ブランドデザイン
授業の内容

1.東三河地域の食農分野の現況 
2.マーケティングの基礎知識     
3.マーケティングの戦略準備      
4.マーケティングフレームワークの活用  
5.マーケティング戦略立案とIT活用の促進
6.食農クラスター推進事業の展開     
7.ブランドの基礎知識          
8.ブランドマーケティングの概要     
9.ブランド化へのステップとマネジメント 
10.ブランドマーケティングの実践と成功法則
達成目標 

A.基礎的な事項
(1) ポジショニングが理解できる。(2) ターゲティングが理解できる。(3) ITを使ったマーケティングができる。
B.マーケティング
(1) 基本的なマーケティング理論が理解できる。(2) 戦略書を理解する。(3) 農畜産物の販売戦略を構築できる。(4) フレームワークの構築と利用ができる。
C.ブランドデザイン
(1) 農畜産物のブランド化への方法論を理解している。(2) 農畜産物のブランドデザインを構築できる。(3) ブランド農産物の販売戦略を構築できる。
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上