シラバス(1年目)
シアバス(2年目)
   

シラバス

科目名 人工光型植物工場論
  [Artificial light type plant factory]
選択必修 必須
担当教員 古在豊樹[Kozai Toyoki]、小倉東一[Ogura Toichi]、渡辺宏之[Watanabe Hiroyuki]、川本三一[kawamoto Mitsukazu]、熊崎 ?忠[kumazaki Tadashi]
単位数
1
授業の目標 人工光型植物工場の現状と特徴、今後のあり方を理解し、新しいIT農業ビジネスとして管理運営できる能力を習得させる。

キーワード

人工光型植物工場、LED,蛍光灯、閉鎖型植物生産システム
授業の内容

1.植物工場WG報告書 
2.外国における研究開発
3.閉鎖型植物生産システム 
4.良くある質問・疑義・批判 
5.人工光植物工場の今後
6.まとめと質疑応答(太陽光・人工光)
7.大阪府大植物工場     
8.LED光源植物工場   
9.明伸植物工場の歩み    
10.人工光型植物工場           
達成目標 
人工光型植物工場の特徴および現状と今後のビジネスとしての可能性を理解する。 国内外における人工光型植物工場のあり方、特長を理解する。
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上