シラバス(1年目)
シアバス(2年目)
   

シラバス

科目名 植物保護学
[ Plant protection science]
選択必修 必須
担当教員 三宅 律幸 [Miyake Noriyukiu]
単位数
1
授業の目標 農作物は栄養価が高く昆虫や菌類にとっては魅力のあるもので、昆虫や菌類などから多大な被害を受けやすい。従来は農薬に頼りすぎた防除を行ってきたが、実際例をまじえながら様々な方法を紹介し、継続的で安定した作物生産を行うにはどうしたらよいかを考える。

キーワード

害虫制御、植物病理、雑草制御、農薬、天敵、IPM(Integrated Pest Management), 総合的有害生物管理
授業の内容

1.植物保護とは?    
2.雑草学
3.植物病理
4.カバープランツ
5.化学農薬
6.コナガの防除
7.天敵とは
8.寄生蜂と農薬
9.微生物天敵
10.不妊化放飼法
11.線虫類
12.総合的有害生物管理1 13.総合的有害生物管理2
達成目標 
作物を健全に育成することで、安全な食物として収穫するための害虫や植物の病気および雑草などの防除に関連した基礎的知識を習得し、環境保全的、循環型農業の方向性を描けるようにする。特に総合的有害生物管理(IPM)のためには圃場の診断・予測が必要であり、その目を養う考え方を取得する。
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上