シラバス(1年目)
シラバス(2年目以降)
スタッフ紹介
お問い合わせ
   

シラバス

科目名 複合環境制御学
[Multi-variable control of environmental factors]
選択必修 必須
担当教員 星 岳彦[Hoshi Takehiko] 、安場健一郎[Yasuba Ken-ichiro]
単位数
1
授業の目標 植物工場における複合環境制御を行うための計測制御と装置を紹介し、コンピューターを利用した制御法を教授する。また我が国独自に開発している低価格のUECS(ユビキタス環境制御システム)について述べると共に、今後の展望を教授する。

キーワード

環境計測、UECS、複合環境制御、ハウス環境、植物工場
授業の内容

1.施設環境の計測制御と装置① 
2.施設環境の計測制御と装置② 
3.複合環境制御装置への発展    
4.コンピューターを利用した制御    
5.環境制御システムの課題      
6.ユビキタス環境制御システムUECSの概要 
7.UECSの実際            
8.UECSの詳細     
9.UECSの展望      
10.施設の環境制御の今後  
達成目標 

A.環境計測:炭酸ガス、日射量、室温、湿度などを計測し統合的に制御する。
B.UECS: 我が国で開発中ユビキタス環境制御システムについて概説し、今後の展望を述べる。
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上