シラバス(1年目)
シラバス(2年目以降)
スタッフ紹介
お問い合わせ
   

シラバス

科目名 植物育種・バイオテクノロジー
[Plant breeding・Biotechnology]
選択必修 必須
担当教員 浴俊彦 [Eki Toshihiko]、菊池洋 [kikuchi Yo]、田中照通 [Tanaka Terumichi]、吉田祥子 [Yoshida Sachiko]、市橋正一 [Ichihashi Syoichi]
単位数
1
授業の目標 生物体の様々な生合成・代謝反応や先端遺伝子工学の手法などを学び、その農業分野での応用と問題点などを学ぶ。

キーワード

分子生物学、生化学、遺伝子工学、細胞培養
授業の内容

1.生命とは
2.生命科学の基礎
3.生化学入門
4.遺伝子の概論と遺伝子操作について
5.哺乳類・家畜のクローン技術と遺伝子操作
6.植物バイオテクノロジー
7.ゲノム解析
8.バイオインフォマティクス
9.植物における育種の現状と遺伝子組換え
10.遺伝子組換え作物とその安全性
達成目標 

A.基礎的な事項
(1) 細胞や組織の構造が理解できる
(2) 生物科学の専門用語を理解できる。
(3) 原核生物と真核生物の違いを記述できる。
B.遺伝子とは
(1) DNAとRNAの構造が記述できる
(2) タンパク質合成とその構造が理解できる。
(3) 原核生物と真核生物の転写の違いが理解できる。
(4) 遺伝子とはなにかが理解できる。
C.遺伝子工学
(1) 遺伝子組換えの手法が理解できる。
(2) PCR反応が説明できる。
(3) 大腸菌を使った実験手法が理解できる。
D.動物と植物のバイオテクノロジー
(1) クローン技術が理解できる。
(2) 成長点培養法などのウィルスフリー苗生産技術が理解できる。
(3) 遺伝子組換え作物の作出方法が理解できる。
(4) 植物の従来育種と遺伝子組換え技術の違いが理解できる。
(5) 遺伝子組換え技術の有用性と問題点が理解できる
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上