シラバス(1年目)
シラバス(2年目以降)
スタッフ紹介
お問い合わせ
   

シラバス

科目名 施設栽培システム工学 選択必修 必須
担当教員 糟谷 明[Akira Kasuya]
単位数
1
授業の目標 養液栽培を中心に養液栽培の技術問題、肥料管理、データ管理、トマトの尻腐れ果発生を防止方法について講義する。

キーワード

 
授業の内容

1. 養液栽培の基礎:定義と現状
2. 養液栽培の分類と発展経過
3. DFT、NFT システム
4. 養液栽培の技術的問題点①
5. 養液栽培の技術的問題点②
6. 土耕と養液栽培の比較
7. 養液栽培の肥培管理の特徴
8. データに基づくサイエンス農業を目指して
9. 養液栽培技術の発展に伴う培地量と施肥管理の新しい考え方
10. トマトの尻腐れ果発生を防止する  
達成目標 
 
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上