シラバス(1年目)
シラバス(2年目以降)
スタッフ紹介
お問い合わせ
   

シラバス

科目名 土壌・作物栄養学
[ Soil Science and Plant Nutrition]
選択必修 必須
担当教員 三枝正彦[Masahiko Saigusa]
単位数
1
授業の目標 作物栽培の基本である土壌について、その種類や性質、化学性、生物性、物理性などを講義するとともに、土壌に栽培する作物の栄養生理について、東三河の農業情勢を反映させながら、具体例を示しながら概説する。

キーワード

土壌、植物栄養、環境保全型農業、食料生産、肥料
授業の内容

1.世界の食糧生産
2.土と土壌:世界の、日本の、渥美の土壌
3.土壌の物理性と作物の生育:団粒構造とは?
4.土壌の化学性と作物の生育:土壌反応の意義
5.土壌の生物性と作物の生育:土壌微生物の多様性
6.土壌の有機物と作物の生育
7.作物生育に対する肥料の役割:化学肥料と有機肥料
8.環境保全型農業
9.植物の生育に必要な元素
10.植物の養水分吸収能
11.窒素代謝と窒素固定
12.光合成のメカニズム
13.呼吸と炭素代謝 
達成目標 
世界の土壌、日本の土壌、そして渥美の土壌に関する先端的、基礎的知識を習得し、環境保全的、循環型農業の方向性を描けるようにする。また植物栄養学では主要な作物、野菜についての栄養特性、生育特性を理解する。
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
A:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
B:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
C:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
D:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上