シラバス(1年目)
シラバス(2年目以降)
スタッフ紹介
お問い合わせ
   

シラバス

科目名 農業環境計測論
[ Measurement for Agro-Environment ]
選択必修 必須
担当教員 梅田大樹[Hiroki Umeda] 、房安功太郎[Kohtaro Fusayasu]、大山克己[Katsumi Ohyama]
単位数
1
授業の目標 植物の生育と、それに影響する気象環境の計測手法を学び、データ管理に基づく労務、経営管理手法を学ぶ。

キーワード

農環境、環境モニタリング、センシング、クラウド、農業経営
授業の内容

1.農業における環境計測
2.農業環境計測1(気象環境1)
3.農業環境計測2(気象環境2)
4.農業環境計測3(ほ場の観察
5.作物計測1(作物外部品質)
7.ICTを活用した環境モニタリング
8.大規模施設園芸(植物工場)の概要とその管理法
9.大規模施設園芸(植物工場)における労務管理の必要性
10.環境計測データに基づく経営管理
達成目標 

A..フィールドの環境計測の重要性を説明できる。>
B.環境計測の方法を理解する。>
C.労務・経営管理のICT化のメリット・デメリットを理解する。
成績の評価法
および評価基準

課題レポートにより評価する。
評価基準:原則的にすべての講義を受講したものにつき、下記のように成績を評価する。
S:達成目標の90%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が90点以上
A:達成目標の80%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が80点以上
B:達成目標の70%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が70点以上
C:達成目標の60%を達成しており,かつ試験・レポートの合計点(100点満点)が60点以上