2019年11月21日 植物工場先端技術セミナー
『スマート農業を支える農工融合研究』を開催しました


11月21日に、一般社団法人日本施設園芸協会、豊橋技術科学大学 先端農業・バイオリサーチセンター、豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所、愛媛大学植物工場研究センター主催で植物工場先端技術セミナー『スマート農業を支える農工融合研究』が開催され、農業関係、行政、製造メーカー等55名の方にご参加いただきました。
セミナーでは、これからの農業現場への活用に向けた活発な意見交換が行われ、大変有意義な会となりました。

当日のプログラム

「農業利用が期待される先端センサー」
 野田 俊彦
(豊橋技術科学大学エレクトロニクス先端融合研究所准教授)
「AI活用のための植物生体情報計測」
 高山 弘太郎
(豊橋技術科学大学先端農業・バイオリサーチセンター副センター長、エレクトロニクス先端融合研究所教授、愛媛大学大学院農学研究科教授)
「ドローン映像 処理の農業応用」
 金澤 靖
(豊橋技術科学大学情報・知能工学系准教授、人間・ロボット共生リサーチセンター准教授)
「農業ロボットのための先端画像処理技術」
 三浦 純
(豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授、人間・ロボット共生リサーチセンター教授)

太陽光型植物工場 施設見学
 先端農業・バイオリサーチセンター




poster

セミナーの様子