栽培指導者のための植物生理生態ー光合成・蒸散と転流ー

 温室や太陽光植物工場において、環境を調節しながら作物生産を行う際に必要となる基礎知識(環境要因とその調節、植物の環境応答)、植物の生育状態の把握方法(手計測から植物診断ロボットまで)、コンピュータやセンサーを用いた情報化、食品の安全安心などについて、一般の方々を対象に分かりやすく説明します。
 前提知識のない方でも御理解頂けます。

 ・・・みなさまのご参加をお待ちしております・・・

講演① 13:10~14:00

 『光合成と蒸散の基礎と環境応答』

〇講 師:高山 弘太郎(愛媛大学教授:豊橋技術科学大学特任教授)

講演② 14:10~15:00

 『施設生産で有効となる植物生体情報計測』

〇講 師:高山 弘太郎(愛媛大学教授:豊橋技術科学大学特任教授)

講演③ 15:10~15:30

 『技術革新と組織力で多彩な商品を安定供給するトマト産地』

〇講 師:大竹 浩史(JA豊橋 トマト部会 前部会長)

総合討論 15:30~16:00

 『愛知県東三河地域の施設園芸におけるIoT、 ICT設備の普及状況と課題』

○パネラー:高山弘太郎,大竹浩史
○特別パネラー:山内高弘(豊橋技術科学大学 特任准教授)
          西鄕和久(JA豊橋 キャベツ部会)

チラシ

ちらし